アレルギー診療

当クリニックでは、アレルギー学会認定専門医の施設としてアレルギー性鼻炎や花粉症の診療に特に力を入れております。一般的な薬物治療のほか減感作療法やレーザー治療など、患者さんの状態にあわせた専門性の高い診療が可能です。


レーザー治療

レーザー装置花粉症・アレルギー性鼻炎に対し、ご希望に応じてレーザー治療を行っています。 アレルギー性鼻炎の反応を抑えるために鼻粘膜表面にレーザーを照射します。 外科的手術とは違い全身麻酔や出血のリスクを伴わず日帰りで処置ができ、治療時間も15分程度と短く済みます。 くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善を目的とした治療です。 鼻粘膜の表面麻酔を施しますので、痛み、出血はほとんどありません。 レーザー治療による症状の改善度には個人差があり一般的に約70-80%といわれています。 スギ花粉症の場合、シーズン前に治療を行うとその季節、あるいはその後1年〜2年は効果が持続します。 レーザー治療を行っても花粉飛散の多い年はシーズン中には薬剤が必要になることもありますので詳しくは当院でご相談ください。 レーザー治療には健康保険が適用されます。

減感作療法(免疫療法)

アレルゲンエキス(製剤)アレルギー性鼻炎・花粉症は、アレルゲンと呼ばれる原因物質(ハウスダスト、ダニ、スギ花粉など)によって引き起こされます。減感作療法とはアレルゲンの皮下注射をくり返し行うことにより、根本的な体質改善を期待する方法です。 患者さんのアレルギーの原因となっているアレルゲンを検査で確認した後、アレルゲンエキス(製剤)の注射をごく少量から開始し、少しずつ量を増やしていき、アレルギーが起きないようにからだを慣らしていく治療法で、アレルギー性鼻炎に対する唯一の根本治療法です。

有効性について

治療効果はハウスダスト、スギ花粉ともに80−90パーセントの有効性が認められています。また3年以上治療を続けられ症状が改善した患者さん(ハウスダスト症例)では治療終了後4−5年経過した時点での追跡調査でも80−90パーセントの治療効果の持続が認められています。

治療のながれ

まず血液検査や皮内テストで、その患者さんのアレルギーの原因(アレルゲン)を確かめます。そのうえで、薄く希釈したエキスを少量から注射していきます。 はじめは週1回、少しずつ量を多く、濃度を高くしていき、適当な濃度になったら間隔を開け、最終的には月1回にして、その濃度(維持量)を続けていきます。 効果がでるまでに約2〜3ヶ月程かかります。 効果を維持するために最低2年以上月1回の注射を続けます。 検査、治療とも健康保険の適応です。

※スギ花粉症は遅くとも11月上旬までには治療を開始しないと花粉飛散シーズンに間に合いませんのでご注意ください。

その他、詳しくは当院でご相談ください。


Copyrights (C) Takisawa otorhinolaryngology clinic 滝沢耳鼻咽喉科・アレルギー科クリニック All rights Reserved.
東京都足立区千住仲町7-7 http://takizawa-jibika.com